読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

米ドルの行方

今週はトランプの話題で上下に振らされる展開に。全体としてはドル安で原油も上がってきているので資源国通貨も少し安心感が。

欧州通貨もユーロ、ポンド共に強い。ユーロのポジションは先週からロングに転換しており、金融政策の流れ的にもユーロの下値は限定的だろうか?

 

ただ、大統領の件はともかく、米国の利上げ姿勢は変わらないのではないだろうか。それを考えると現在の10年債の利回りが低下しすぎている感が否めなく、ドル高への揺り戻しが今後あるのではないか?(6月の利上げがなくなるとまた考え直す必要はあるが)

 

ポンドは選挙までは強いが、その後はやはり離脱関連で弱含む展開を想定。ただし、利上げはあるかもしれず読み難い。

 

現在の私のポジションは

ドル円、豪ドル円のロング(3月にポジションとっておりスワップが大分貯まってきてしまった)

ユーロドル・ユーロ円のショート

ユーロ円のショートはこの前円高になった時に損切りしておくべきだった。。。

ユーロドルは昨日の遅い時間にショートしたのでまだ微損。

今週はポンドドルを1.296でショートし、1.301で損切り。ポンド円を144.4でロング、145.1で利確ということで、若干のプラスも含み損が増える展開に。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。