読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

原油・ロシア・銀行関連は好調も・・・

OPECも一先ず減産で同意し、原油(WTI)はこの前の高値52$を明確に抜けそうな感じです。45$以下の時に買い集めた原油ブルは円安も加わり+50%くらいに。とはいえ、だいぶ前に買ったレバなしの原油がかなり足をひっぱっており、原油関連は相変わらずマイナス推移。60$くらいまでの上昇を期待したいが、握力が弱く、そろそろ清算予定。

 

原油の上がり、円安、トランプ効果によってロシア関連の資産も順調。RTI連動とルーブル債。どちらも一昨年〜昨年1月くらいのルーブルショック時に買ったのだが、その後の上昇時に売れず、チャイナショックで一時マイナスまでいっていたが、持ち直し。こちらもまだ伸びる余地はありそうだが、幸福な相場の中でそろそろ売却予定。ルーブル債はもう少しあがると思ったのだが、金利は低下してしてきたが、いかんせん経済制裁中だからかルーブルがあがらなくて辛い。

 

銀行株も、昨年223円で買ったみずほ(200株)をナンピンする形で487円で買ったUFJ(100株)が大きく伸びて良いところまで来た。みずほがプラ転したら売るつもり。

 

と、ここまでは景気のいい話なのだが、相変わらずバイオとインドが不調。インドは円安でだいぶ戻したが、株価が・・・。バイオもトランプ当選で買い戻された一瞬以外全く伸びず、むしろアメリカ株の中でパフォーマンス悪い。

 

とりあえずイタリアの国民投票が終わり、後はFOMCくらいですか。今年も終わりですなぁ。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。