読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

8月15日週予想

お盆で少し暇なので、たまにはやっておきましょう。

まぁ市場もお休みムードなので予想もつまらなめですが。

 

ドル円>短期→ 中期↓ 長期→

米国、ドイツの株価は好調だが、これは景気の良さを必ずしも反映していないところが悲しいかな。一人勝ちのアメリカさんもさすがにきついと見え始め、年内の利上げも難しくなり、来年には逆に利下げに転じてしまうかもしれませんね。雇用は悪くないんですけどね。直近の高値安値の100.8-102.5をやぶるパワーが今週はないと思うのでレンジ予想もそのへんで。

レンジ100.6-102.3

 

<ポンドドル>短期→ 中期→ 長期↓

ポンドは下目線にならざるをえない。のではあるが、ポジションが傾きすぎており、どこかのポイントで反発するはず。それがいつか。基本は11月に追加緩和をすればそこで出尽くし、というのを考えるが、短期的には7月の指標が想像よりは悪くなかった、ですんでくれるのが一番良いかな。

レンジ1.275-1.31

 

<ポンド円>短期→ 中期→ 長期↓

ポンド円も円高、ポンド安で苦しい。195円ていうのは昨年の数字だった気がするんだが気のせいか。と思う程の下落スピード。指標次第だが、一旦底打ちも視野に入れて横予想。

 レンジ128-132.5

 

<ユーロドル>短期→ 中期→ 長期→

ユーロには何の面白みもなくなってしまった。材料がなく、どちらにいくか全く分からない。ポンドに連れ安かなぁと思うのだが。あと、前回書いた通り、ユーロポンドの天井をそろそろ考えたい。

レンジ1.11-1.12

 

<豪ドル/ドル>短期→ 中期↑ 長期↑

豪ドルは最近強かったが、金曜日は反落。少しお日柄調整か。まだ利下げの可能性もあるが、前述したように、アメリカサイドが弱くなる可能性があり、そうなってくると緩和的な通貨である豪ドルもまだ金利は高めで買われそう。 

 0.762-0.774

 

<ランド/円>短期→ 中期↑ 長期↓

ランドも基本的にオージーと同じ考え方でどうだろうか。中期的にはあがりそうだが、とはいえこの通貨は最後は下がるので適当にリスクオフになりそうな局面で売るのがいいはず。

7.45-7.65

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。