読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

まだ安心するには時期尚早

日経は前日の引けにかけて馬鹿みたいに下げた分を倍返し。前日下がらなかったとすればまぁこんなものかという水準で、値幅ほどの驚きはなし。

ただ、あの馬鹿みたいな上昇率はとても先進国のそれではない。

 

為替もまずまずのリバウンド。

 

背景にはもちろんECBのドラギ発言があるわけだが、下がりすぎた分の少しの揺り戻しといった程度だろう。

まだ市場には力強さも感じられないし、ボラティリティの高い状態がもう少し落ち着くまでは安心してはいけない。

 

原油のショートカバーがどこまでいけるかも一つの問題だ。

 

さて、来週は日米の金融政策会議があるが、市場は安心材料を欲しており期待はずれの際の梯子外しのほうに注意が必要だろう。

 

最終的には中国の指標が上向くまで警戒感は薄れないものとは思うが、昨年同様ここから夏頃にかけては上昇基調がうまれるかもしれない。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。