読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

ドルに対して何を売るか?

予想比上振れした雇用統計によってドル高に。その中にあっては欧州通貨は発表後わりとすぐに安値をつけた一方、円やオージーなどは安くなっていく傾向にあったように思います。

 

これは既に雇用統計より前に欧州通貨がかなり落ちていたことが影響していると考えており、少し欧州通貨にはスピード調整が伴うように考えています。

ドル円も123円台では少し地盤固めが必要な気がしますが、テクニカル的には明らかに上離れしたので125円方向(もう少し上いくかと思っていますが)を見てよいと考えます。

 

さて、問題はドルに対して何を売るのが効果的かというところですが、資源国通貨かなと思っています。コモディティ自体の値段も下がってきそうですし。あとはポンドかな。イギリスは今週雇用指標があるのでそれを見てからという気もしますが。

 

株式市場は雇用統計であまり動揺していませんでしたが、市場がちゃんと利上げを織り込んでいるかというと、やや疑問符があります。REITがこれまで上昇していましたし、金利も低下傾向にありました。ここから少し市場が荒れることもあるかなと思います。

そういう意味でも資源国通貨(新興国通貨)が売りやすいかなぁと。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。