読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

お薬相場継続

相場が戻りかけてきた折にドラギの緩和示唆と中国の金融緩和のダブルパンチで相場はのぼり調子。

別に実態経済が悪いというつもりはないが、結局金融政策頼りの相場なのかなぁと思うと先行き不安。ちゃんと景気回復→緩和政策終了→相場は持ちこたえる、となってくれればよいのですが、さらに悪化→打つ手無し、となりそうなほど緩和政策期間が長い気がする。

そもそも論、中国はともかくとして、日欧は何故アメリカと同時に一気に緩和政策をやらなかったのか?

全く専門でないのでわかりませんが、やはりドル安政策が必要だったのか?

ユーロは最近方向性がよくわからなくなってきていましたが、これで下落に勢いがつくでしょうか?

 

そういえば今週は日銀もありますが、やらないと思うなぁ。それよりFOMCが少しタカ派的な声明を出した時にどうなるか?

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。