読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

2015年相場予想

<1~3月>

ECBが国債の買い入れを開始。ドイツが強烈に反対姿勢を示しているので、1月は難しそう。3月までの指標次第か。いずれにしてもQEはもう免れないか。これによって株価は堅調といきたいところだが、ギリシャの政情不安が出てきてしまった。相場へ与える影響は短期的だと思うが、短期的にリスクオフになる可能性があるか。選挙のある1月後半~2月頭にかけてデジャヴだが下に掘る可能性に留意したい。

日銀はこれ以上は緩和策をとってこないと思うが。

 

<4~6月>

ドル高局面へ。利上げは6月と読んでいる。しかし利上げ観測が出てくるのはもう少し前で4~5月でECBの材料出尽くし感もありここで相場が大きく調整するか。ダウ、日経ともに15000くらいまでの調整もありうるかなと。

 

<7~9月>

しかし実際に利上げが始まってしまえば、株価は上昇局面に。イギリスも選挙が5月に終わり、徐々に利上げムードに。ただし、次にEU脱退かどうかという話も持ち上がってきて意外と一筋縄ではないかもしれない。

 

<10~12月>

株価がバブリーな展開になるか。利上げペースにもよるが、アメリカのGDPの伸びが前回と同じような水準が続くようであると引き締めペースがあがり、株のバブル、金利上昇からのバブル崩壊を迎えることが想像される。ダウが20000、日経が19500くらいで年末を迎えればまだ正常な範囲内だが、ダウが25000、日経が21000とかいったら危ない。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。