読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

11月16日付相場観

編集

ドル円<短期↑、中期→、長期↑> 

先週末はドル安となり、多少はその傾向があったものの高値の大台は維持。明日のGDP値が気になるところで、悪いと円安になることが想定されるが、株高にもなるのがこの国の解せないところ(笑)

今の円安傾向だが、想定される分岐点は解散あるいは選挙での出尽くし。FOMC議事録でのドル高の巻き戻し。原油安によってアメリカのインフレ率も落ちてドル高の巻き戻し。の四点くらいを考えている。今年末の想定ドル円レートは120円としておくが、調整の下は113円くらいを想定。と思っていたがここから113円までいって120円まで7円上げるのは無理かw

 

 ポンド円<短期↑、中期↑、長期↑> ポンドは弱いインフレ報告を受けて更に下値を模索中。しかしながら、賃金の伸びが確認されており、ここからは徐々に持ち直すと考えている。クロス円はとにかく買うしかない状況だが、あまり自信はない。

 

ポンド/ドル<短期↑、中期↑、長期↑>

さすがにここから一段の下落は考え難い。ただしポンドドルよりもそろそろユーロポンドの売りを考えたい領域。

 

 ユーロ/ドル<短期↑、中期→、長期↓> ユーロもさすがに一旦ショートカバーか。前回の1.28から1.3くらいを想定して戻り売りを考えたい。

 

豪ドル/ドル<短期↑、中期→、長期↓> 

豪ドルもやっと買い目線が増えてきた感じ。ただし、今週はスティーブンスがしゃべる。先週も副総裁が豪ドル高牽制発言をしており要注意。

 

 南アフリカランド/円<短期→、中期↓、長期↓> 

手出し無用だが、長いオプションのプットでも買うか。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。