読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

利上げ期待の順番に変化はあったのか

昨日の記事でもFOMCに触れましたが、イエレンFRB議長がテーパリング終了後半年を目途に利上げを行うということから、2015年初頭にアメリカの利上げがあるのではないかという予想がおこりました。

 

バーナンキ前議長がテーパリングの開始を示唆した昨年5月はその発言によって株価の下落を誘い為替にも大きな影響を与えたのは記憶に新しいところです。

これに似た感じでFOMC時はかなり為替に影響を与え、昨日もドル円以外はドル買を試す動きが大きかったようですが、少なくとも豪ドルは持ち直してきており、資源国通貨全体に大きな影響を与えているわけではないのが今の所の安心材料でしょうか。

 

さて、これまで英国の方が早く利上げするのではないかと予想されていましたが、どうもこの順番が入れ替わる可能性が出てきており、そうなってくるとこれまでのポンド買いが解消される可能性が出てきたように感じます。

 

ポンド/ドルも日足を見ると実に天井圏の動きをしており、久しぶりにボリンジャーバンドが開く際に下落をしている状態になっているのも気になります。

 

個人的にはまだもう少しポンドは買い目線でみているのですが、下落リスクも考えないといけないかもしれません。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。