読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

寒波の影響はやはり大きいのか

アメリカに住んでいるわけではないので全く想像できないんですが、今日のイエレンFRB議長の公聴会も延期されたりとやはり無視できないほどの雪なんでしょうね。

今月も降っているということは来月の指標もあんまりよくないんでしょうか。これが景気の腰折れにつながらないことを祈るのみです。

 

さて、今日はどの通貨もわりとよく動いたと思います。さすが木曜日。

木曜日は結構動くので難しいといえば難しいですよね。

さて、ドル円とユーロはひとまずおいておいて、

ポンドはとうとうOPバリアに接近しました。1.668と1.670にあるといわれており、1.668の手前で跳ね返されて下落することとなってしまいました。もう一度挑戦しにいくでしょうか?注目です。

 

豪ドルは雇用指標が悪かったのに買戻しが強い。やはり一旦はトレンド転換したとみるしかないですね。明日は中国のCPIの発表があります。通貨安誘導発言等々が出るまでは、下のストップを浅くいれてロングするしかないのかもしれません。黒田バズーカ―じゃないけどいきなり飛ぶ可能性があるのが嫌なんですよね。しばらくこの通貨はスキャだけにするか。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。