読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

全く日々更新できないので雑感

なかなか更新できません。トレードはしているんですが。

<ドル/円>

日足のチャートを見ると若干無理があるけれど、99円を超えるとダブルボトムになりそう。この場合100円付近までは浮上するかもしれない。これは金曜日の雇用統計次第か。

ただし、冷静な判断としては、5月以降上値と下値は共に狭まってきており、昨日の上値98.9円からアメリカ下値96.9の間のレンジ相場である可能性はまだ捨てきれない。

FOMC前後から値動きがそれなりに出てきたが、今注目すべき通貨ペアかというとそうではない気がする。

 

<ユーロ/ドル>

1.57オーバーまでいったものの、その後ずるっと落下。FOMC後に一気に落ちすぎた感じもあり、来週のECBあたりまでは下げるかもしれないが、そろそろポジションもとりにくい感じか。

 

<ポンド/円><ポンド/ドル>

ポンドも1.62より上は重いようだが、1.59も明確に割れない。ユーロにつられて1.58くらいまでは行くかもしれない。上がり方を振り返れば1.54あたりまで落下していってもおかしくないのだが。

 

<豪ドル/ドル>

こちらも0.975まで行った後に昨日0.942まで落下。RBA次第だが、利下げが示唆されると一段安か。こちらは5分足や4時間足のボリンジャーバンドがわりと奇麗に利用できそうで、稼ぎ時か。ボラティリティーもあるし。目先の下値ターゲットは0.92あたり?

 

南アフリカランド/円>

こちらもランドの落下により下げ始めている。ちょっと方向感が分からない。ただし、今週でた南アの指標自体はさして悪くないので、0.95を割ったら買い増しも考えたい。気持ちとしては、火曜日か水曜日に東京時間に円高に振れた時に買うとか。

 

 

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。