読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

9月9日予想

予想

<米ドル/円>98.8-100.2(現在値:99.1)

<ポンド/円>154-157(現在値:154.9)

<ユーロ/ドル>1.310-1.322(現在値:1.3176)

<ポンド/ドル>1.555-1.565(現在値:1.5629)

<豪ドル/ドル>0.915-0.927(現在値:0.9190)

 

重要指標

08:50 4-6月期GDP・2次速報値(前期比) 〔+1.0%〕 (+0.6%)
08:50 4-6月期GDP・2次速報値(前期比年率) 〔+3.9%〕 (+2.6%)
08:50 4-6月期GDPデフレーター・2次速報値(前年比) 〔-0.3%〕 (-0.3%)
10:00 ジョイスNZ経済発展相、記者会見
10:30 中国8月消費者物価指数(前年比) 〔+2.6%〕 (+2.7%)
10:30 中国8月生産者物価指数(前年比) 〔-1.7%〕 (-2.3%)
10:30 豪7月住宅ローン貸出 〔+2.0%〕 (+2.7%)
翌0:00 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
翌2:00 レッタ伊首相、講演
翌4:00 米7月消費者信用残高 〔+126.50億ドル〕 (+138.18億ドル)

月曜日はアメリカの重要指標がない。よって夜は動意が薄い可能性あり。兼業には厳しい。

<米ドル/円>98.8-100.2(現在値:99.1)

東京でのオリンピックが決定し、上向きか。しかしながら直近高値の100.2を超えるパワーはないのではないか。そこを超すと参院選後の高値100.6、その前の高値100.8を意識したい。極端に下がることは想定していないが、果たして。

<ポンド/円>154-157(現在値:154.9)

ノーコメント

<ユーロ/ドル>1.310-1.322(現在値:1.3176)

マドリードが落選したものの、次はパリと決まっておりEUにとってオリンピックが大きく影響するとは思えない。下落を続けるかもしれないが、そこまで極端に動かないだろう。

<ポンド/ドル>1.555-1.565(現在値:1.5629)

レンジ。

<豪ドル/ドル>0.915-0.927(現在値:0.9190)

選挙を通過、中国の貿易収支も良く、明日は基本的には上向きだろう。しかし、上値が重い展開は続きそう。ただ、ショートのポジションがたまりすぎているので、どこかでいきなりあがる可能性は無視できないか?

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。