fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

投信の積み立て状況

1年半ぶりに。投信は基本月5万毎NISAで購入していますが、資金が必要な場合など状況に応じて解約しています。

まずは現在の保有状況。

f:id:fx-tsuginoitte:20181118012030p:plain

10月の頭にひふみをはじめとして株式を大量売却したため、債券比率が大変高くなってしまった。債券は全体的に売られており、今後のことを考えるとあまり悲観的ではないが。その他では国内REITがやや太りすぎか。

実際に株式は現物でも多く保有しており、この投信がポートフォリオそのものではないですが。。

 

次に現在の積み立て設定。

f:id:fx-tsuginoitte:20181118011650p:plain

以前の記事で述べたようにアクティブファンドはほとんどなくしており、インデックスファンドがほとんど。もう少し国内株を落として先進国と新興国に振り分けてもよいが、保有状況で国内株が少なめなので当面このまま。

 

最後にこれまでの損益。

f:id:fx-tsuginoitte:20181118011713p:plain

毎年同額積み立てたと仮定すると、現在のリターンは年率3%程度。ここ数年の株式相場の上がり方を考慮すると物足りないか。特に先進国株のリターンが5%とは悲しい。国内株はやはりひふみのリターンが大きかった。新興国株もインド投資が当たったし、新興国債券も原油ルーブル安の時にロシア債券を購入したのが大きく寄与している。そう考えるとアクティブファンドも捨てがたいのだが、投資にばかりも時間を割いていられないのが実情なので、何か思いつくまではこのまま。

前述したとおり債券のリターンは察して状況ですが、まぁ落ちても-5%程度で、ここからどんどんマイナスが広がるイメージもないので当面放置で。

なんだかんだでブラックフライデー

からは米国株は堅調に戻るかなと思ってますが、どうでしょう。昨日の米国株のオープンで下髭つけて相場の変化のところかなと思ってます。

NVIDIAショックで今日どうなるかなんですが。。。

 

原油の反転しましたし。優待株もこの一週間でしこたまかいました。

KDDI, JT, タカラトミーなどなど・・・

UFJも短期で信用あわせて買い。日経が21500割ったら考え直します。

少し近況

あまり投資に頭を向けられない期間が続いておりましたが、細々と続けております。

日本株がピークをつけたあたりで、成績の振るわなかったひふみプラスは全て解約しました。毎月同額積み立ててきてトータルリターンが4年で45%とめっぽうよかったわけですが、やはりアクティブファンドとしては巨大化しすぎたこと、その対策を怠っているように思われたことが解約の一番大きな理由です。

まぁここいらへんはアクティブファンドの難しいところかなぁとも思いますが、日本株のグロース株だけでやっていけなくなった時点でなんだかなーという気がします。株価もだいぶ上がってきてしまいましたし、アクティブファンドを探すのも辛いので今は投信はインデックスファンド主体に切り替えました。

 

iDecoも結局加入せず。税制面の優遇はわかりますが、やはりおろせる時期が決まっているというのはなぁというところ。まだ結婚、子供関係が確定していないうちは手元にお金を残しておきたい感じです。自分でアクティブに運用したい面もありますし。

 

アメリカ株も細々とやっていたりします。Facebookが個人情報で急落した時に買って、200ドルを超えたところで利確したところまではよかったのですが、その次にNVIDIAが少し下がったと思った260ドルで買ったらこれはだいぶ失敗しています。

 

国内株はこの前落ちたところで楽天と日産を購入。KDDIdocomoももう少し落ちたら買いたいと思って様子見。

 

株は中間選挙終わって12月は流石に上昇かなぁと思っていたのですが、週末で方向感がわからなくなり先物のポジションは清算。実はこの間の急落の前に225OPのプットを大量に持っていたのですが、期限が近づいて清算してしまったらそのあと20倍くらいまで上がっており、これはかなりショック・・・。

 

為替はドルベアのポジションだらけ。結構ギリギリなラインなのでドル円はこの前の高値つけたら損切りか。

 

まだ織り込むような時間じゃない・・・

黒田さんがようやく出口論を口にしたこともあり円高株安に。ってこんな不安定な情勢の時にそんな不用意な発言してんじゃないよ!

と怒りたくもなりたいですが、さすがにこの緩和政策はどこかで終わらせないといけない。

しかし来年?に検討?ユーロもまだ出口に向かっていないにも関わらず昨年ユーロ高になったように円も円高へ向かっていくのでしょうか?

まだちょっと織り込みに向かうには時期尚早だと思うのですが、昨年のユーロの例をみると今年中に織り込んでしまうかも。

で、実際にでると織り込み済み、と。

 

しかし、まぁその流れはわからんくもないのですが、米日の金利差(今年はアメリカは3~4回利上げ)を考えるとドル安円高がそうそう続くもんでもないと思うんですけどねぇ。

 

ドル安は一旦いいところで切り返した

ドル円105.5近辺、ユーロドルはこの前のECBのときの1.255付近。

金曜だったので利益確定売りの可能性もありますが、ユーロドルは下手するとダブルトップになるかも。

ドル円ではまずまずの円安修正となってきましたが、まだクロス円は円が割安にみえる(除:ポンド)。

さてはて

もう一度下を見に行くのではないか?

と思っているがどうでしょう。ダウなんて2万まで落ちてもまだ全然問題ないレベルだけど、日経がこっから10%落ちるのはいやだなぁ。

何がやばいって

空売りしてる銘柄がこの暴落に耐えてることだよ!

 

というよりは

上場投資証券「VIXベア」(2049)、1日で価値9割消失 米株の急落受け | News & Views | QUICK Money World

 

これが一番やばい。ノックアウト条項をしってから買い控えていたけれど、本当にそういう日がくるとは。。ずっと持ってれば戻るんでしょうけどね、そういうわけにいかないんですよね。

やっぱり良く知らないものを買ってはいけませんですね。

怖い怖い。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。