fx次の一手

ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪/ドル、ランド/円の予想と反省を日、週毎に行います

SBI投信の毎日積み立てサービス開始

だそうですよ。

さすがにそこまで分散しなくてもいいんじゃないかと思う今日この頃。

ドル安もピークアウトか

と思ったら、昨日のFOMCでまたドル安に。ただ、今日はアジア時間にピークを打って、一転調整のドル買いに。ドルブルでみているので痛い目にもあっていますが、まだドルブルでみています。それとテーパリングの影響でドル高円高のリスクオフ状態がくるのではないかとにらんでいます。

 

インド株はあと2.5%で目標の33000にSENSEXがなるので、もう少し我慢。Nasdaq.Bioも3600ポイントくらいまでひっぱりたいが、難しいか?日経も22000〜23000くらいまでは引っ張りたい。(上と矛盾しているが)

ただ、株系の資産の持ち高は少しずつ減らし中。後は銀行、証券でもうひと相場来るとにらんでいるんですがなかなか。。。UFJとか777.7から10%ほど落ちてしまったし、野村はあげる気配もない。

タカタ問題を考える

といいつつ、別にタカタの話しを本格的にするわけではありません。そんなに細かくしらないので、それは他のきちんとした記事をご参照ください。

 

今回の問題の本質には危険性を知りつつも隠蔽していた、事故後の対応がよくなかった、等々ありますが言い方は悪いですがそれほど膨大な数の被害が出たわけではないのに破綻に至ってしまったことが何より衝撃でした。(もちろん死者が少なからずでているので重大ではありますが)

 

これが何が問題かというと、今後の自動運転社会の実現が難しくなるのではないかという懸念です。

要するに、自動運転中に事故が起きた場合に、AIを開発した会社が丸かぶりとなると、どこもそんなことはやりたがらない状況になってしまうのではないかということです。

 

人間より遥かにミスが少なかったとしてもその少数のミスが会社にとって命とりになる。やはり法整備は大変かなぁと。

備忘録

週末やること

・投信のまとめ

・ひふみとTOPIXの比較

・今回のタカタで思うところ

・欧州通貨の今後

 

銀行株と証券株がやっとあがりはじめて、円安になってハッピーだけど、ユーロで痛手。

タカタで事故った・・・

うん、まぁそういう投機的なことはだめだね。東芝でも少し遊んでしまったけど、今後はこういう投機はやめよう。まぁいい勉強代だね。。

 

さて、勉強代といえば仮想通貨にもほんの少し投資してみた。まぁレバレッジもかかってないし、10倍にでもなれば超ハッピーと思って放置プレー。ちなみに今のレートだと1.2倍くらいにはなったようだが、元が小さいから大したことになっていない。

 

株では鎌倉新書が順調。分売で買ったのが900円台だから今や約2倍。現物はしばらく放置の予定だが、信用のポジションも結構あってそろそろexit予定。しかしこういう優良株を見つけられる様になると株は楽しいだろうなと。

 

為替はドル買い、ユーロ売り、オージー買いのポジションを構築して既に長いもので3ヶ月持ちっぱなし。大分スワップポイントが膨らんできた。全体ではやや含み損状態。まだ基本のドルブルは態度を変えないつもり。

 

今週は原油が45$をわってきたので原油ブルを積み立て買い中。毎日1万くらい。目標は50$(+20%くらい)だが50$戻らんかったらどうしようかな。。。

 

アメリカ株は今まで見向きされていなかったバイオ株が急上昇していてそろそろ最終局面かなぁと思い眺め中。

米国株堅調

雇用統計もなんのその。そもそもここまでドルが売られるほどの悪い結果なんだろうか?確かに時給の伸びは鈍いかもしれないが、完全雇用状態に近い状態で常に20万とかいう数字が出るとも思えないのだが。

 

日経も今日は銀行、証券などの出遅れ株が随分と買われ、まぁ予想の範囲のところまでは伸びそうな気がしてきた。

インドはSENSEXが33000つけたら投信売り払おうかなと。

ユーロは引き続き強いかもしれないが、基本はドルブルで考えている。

謎の日経あげあげ

なんだったんでしょう。。。

しかし、これでよやく20000円への道が見えてきました。持ってる株が総じて弱いのがなんともいえませんが。私は22000~23000くらいをみていますが、20000を超えず短期ダブルトップになる、21000を超えず中期ダブルトップになるといろいろと恐ろしいですね。まぁ22000~23000になってもそこから(アメリカが崩れるのをトリガーに)落ちる相場が来ると思ってはいますが。。

免責事項
・本ブログで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありませんの投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・本ブログに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の確実性を保証したものではありません。本ブログの提供情報を利用することで被った被害について、私および情報提供元は一切の責任を負いません。万一、本ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、私および情報提供元は一切責任を負いません。 ・本ブログの記載内容は、予告なしに変更することがあります。